NLPはコミュニケーションの達人スキル

ビジネスマンを中心に人気であるNLPとはそもそもどのようなものでしょうか?NLPとは、Neuro-Linguistic Programmingの頭文字をとったもので、日本語に訳すと「神経言語プログラミング」となります。なんだかやけに難しいような印象を受けるかも知れません。

NLPとは簡単にいえばコミュニケーションの達人のスキルを体系化したものですしかし、簡単に言えば、「コミュニケーションの達人のコミュニケーションスキルを体系化したもの」と言い換えることができます。

そもそもNLPは1970年代にアメリカの学者2名(リチャード・バンドラー、ジョン・グリンダー)が、天才的なコミュニケーション力を発揮していた3名のセラピストを研究し、どのようなコミュニケーションをしているのかということを分析し、体系化したものです。

天才的な3名のセラピストとは、「催眠療法家」のミルトン・エリクソン、「ゲシュタルト療法」のフリッツ・パールズ、「家族療法」のバージニア・サティアです。いずれも、当時のセラピストの中で天才と言われていた人物です。この3名のコミュニケーションの方法に着目して、言語・非言語などの観点から体系化したものがNLPなのです。

NLPの特徴的なことは、体系化がなされているために、誰でも使うことができるということ、そして、天才セラピストが実際に使っていたコミュニケーションの方法ですから、極めて高い再現性と効果を得られるということでしょう。

現在、アメリカだけではなく世界各地でNLPは普及しており、有名なところでは、クリントン大統領がNLPをスピーチなどに活用し、ゴルフ界の天才であるタイガーウッズもNLPを活かしていると言われています。

NLPはビジネスシーンはもちろん、日常生活含め、あらゆるシーンで活用することができるというのも魅力の一つなのです。

次へ NLPを学んで役立つ人

オススメのNLP通信講座へ 管理人が選んだ「オススメのNLP通信講座」